中卒、高卒、社会人、主婦など保育士になりたい方へ

「保育士になるための進路ってどうしたらいいの?」

 

と思って今いろいろと調べているあなたはどうすればいいか迷っているのではないでしょうか?

 

ここでは保育士になるための方法をご紹介しますね。

 

では、保育士になるためにはまず確認して欲しいのがあなたの学歴です。あなたは短大、大学卒以上の方ですか?それとも高校生または高卒の方ですか?この条件のよって異なってきます。※国家試験である保育資格に受験資格条件がありそれによりあなたの進路というのが異なってきます。

 

 

 

保育士試験の受験する方の多くは

保育士を目指している多くの方は保育市養成課程のある大学、短大、専門学校に通います。

 

その他には、夜間学校や通信教育といったところで勉強して保育士の資格を取得するという方もいます。

 

資格試験の受験資格

短大卒業と同等以上の学歴を有している人、または中学や高校で保育科を卒業して児童福祉施設などで中学卒業の方は5年以上、高校卒業の方は2年以上の実務経験があればだれでも受験可能です。

 

試験の合格率は15%未満程度と極めて合格率は低く資格試験の難易度は高い
といっていいでしょう。

 

保育経験のある方は、独学で学ぶといったことがあるかもしれませんが、保育士の合格を目指すのであれば大学・専門学校・通信教育となんらかの方法を取ることをオススメします。

 

保育士は、子供が遊びや体験などを通して成長していく中で何を学んでいくかなど様々な専門的知識が必要になります。さらに、図画工作、音楽、体操、絵本の読み聞かせなど子供が楽しく過ごせるように専門的な知識や技術などを学ばなければなりません。

保育士ってどんな仕事?

保育所などの児童福祉施設で子供の保育を担う「保育士」は児童福祉法でも定められた日本の国家資格の一つです。

 

法律上では専門的知識及び技術を用いて児童の保育、及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者を指します。

 

保育士は保育所などで子供の世話をする職業です。国家資格であり、取得することで就職に有利にはたらきます。現在は女性の社会進出が当たり前となり、保育士の需要は高くなり不足している状態で、就職に悩んでいる人や子供が好きな人にはおすすめの資格です。

 

仕事などで子供世話をすることができない保護者の代わりに、子供を預かりおむつかえや昼寝、食事、お散歩などといった子供の世話をします。子供たちがよりよく成長してくために、遊びなどを通して基本的な生活習慣などを学ばせるお仕事です。

 

今すぐ資料請求を!

保育士になりたい!お住まいの近くから通える学校や、一番金額が安い通信講座が探せます!


★無料資料はコチラから★

当サイトの人気記事ベスト3

高卒から保育士にはどうしたらいいの?

高卒資格がある方が保育士になるためには専門学校または短大、四年制大学とさまざまな方法があります。それぞれの方法のメリットなどをしっかりと理解してあなたにあった方法で保育士をめざしましょう。

詳細はこちら

大卒から保育士になるにはどうしたらいいの?

高校を卒業して四年制大学に通ったけど、やっぱり保育士になる夢をあきらたくなかったという方など大学を卒業してから保育士になりたいという方で、そもそもどのような道で保育士をめざすことが出来るのかいろいろな方法がありますよ。

詳細はこちら

具体的な仕事内容って

預かっている子供の保護者との連絡というものがあります。保護者との信頼関係を気づくうえでも重要な仕事の一つになります。保護者との連絡にはノートなどを使って、情報のやり取りを行い、子供の体温や睡眠、食事、気づいた出来事など様々なことをノートに記入していきます。施設内の様子だけでなく保護者からは家庭内での様子など記入してもらい連携を取りながら保育を行っていきます。

詳細はこちら

保育士