中卒から保育士になる方法とは

ここでは、中卒から保育士になる方法をご紹介しています。

 

保育士を中卒からなりたいという方は決して近い道のりではありません。保育士の受験資格は大卒以上になっているため中卒から保育士なるには高卒認定を受ける必要があります。まず、どの方法を通ろうが一番は高卒の資格をとることが最優先です。

 

この高卒認定をとることによって、大学や短大、専門学校などの受験資格を得ることができ、そこでスタートラインに立てるのです。

 

中卒の方が保育士になるには3つの方法

@中卒→高卒認定→短大や大学、専門学校
A中卒→高卒認定→児童福祉施設に2年以上かつ2880時間勤務→保育士試験
B中卒→児童福祉施設に5年かつ7200時間勤務→保育士試験

 

高卒認定を取り、短大や大学、専門学校に進学する

高卒認定を取り、短大もしくは大学、専門学校に通うことで保育士の資格を取得する方法です。この場合の最大のは、厚生労働大臣が指定する保育コースなどがある学校を卒業することで試験を受験しなくても卒業したら保育士の資格を取得することができます。

 

学費や時間に余裕がある方であればこの方法をとることが一番おすすめなのではないでしょうか。

 

高校卒業認定の資格をとって児童福祉施設で働く

金銭や時間的な理由によって進学が困難な場合には、児童福祉施設で働きながら試験を受験することができます。

 

高卒認定の資格を取得して児童福祉施設で2年以上そして実質2880時間以上働くことで保育士を受ける資格を取得することができます。

 

高卒認定の資格を取得しながら児童福祉施設で働くということも可能なので、時間と予算が合うのであらばこの方法でもいいのではないでしょうか。

 

中卒のまま児童福祉施設で働

高卒認定の資格を取得しないままで中卒から保育士の資格を取る場合には、児童福祉施設に5年かつ7200時間勤務していることが条件になります。
身近に感じられるのは保育園かと思われますが、無資格でも、アルバイトやパートで雇用してくれる保育園もありますのでいくつか問い合わせてみてはいかがでしょう。

 

児童福祉施設とは、助産施設、乳児院、母子生活支援施設、保育園(認定外保育施設は問い合わせのこと)、児童厚生施設(児童館)児童養護施設、障碍児入所施設、児童発達支援センター、情緒障碍児短期治療施設、児童自立支援施設、児童家庭支援センターを言います。

 

この条件の場合で考えてみると7200時間は、一日6時間働いたとして計算すると約5年になります。
保育園で子供と触れ合いながら勉強すれば、理解が深まるメリットもあり、一日6時間勤務するということは年金、保険に加入する権利も生まれます。
実は、保育士試験は合格科目の有効期限が3年なのですが、2年かつ2880時間児童福祉施設に勤務している人に限り、有効期限が5年に延長されるという特典が与えられているのです。