フリーターから保育士資格を取得するには

いろいろ経験したけどやっぱり保育士になりたい!でもフリーターから保育士どうやってなるの?そんな方はぜひ参考にしてくださいね♪

 

では、まずフリーターであっても保育士は基本的にどんな人でもなるチャンスがあります。

 

それは、一般社団法人全国保育士養成協議会が行っている保育士試験に合格すればいいのです。

 

かつては一年に一度の試験でしたが現在では一年に二度試験が行われています。

 

では、その保育士試験の受験資格って?

フリーターの方でも、中卒・高卒の方や大卒や専門卒の方など様々いると思います。なので保育士試験の受験資格は、最終学歴によって大きく違ってくるんです。

 

大学、短大、専門学校を卒業している方は

まずは、大学、短大や専修学校を卒業している方の場合には保育関連学科の卒業をしていなくても保育士試験の受験資格はあります。

高校を卒業している方は

高卒の方の場合の受験資格は、児童福祉施設において二年かつ2880時間の勤務をしていること(保育学科の場合はこのかぎりではありません。)

中学の卒業している方は

中学校卒業の場合は、同じく児童福祉施設において五年かつ7220時間の勤務をしていることです。
ということは、条件を満たしていればだれでも受験することができるということになります。

ちなみに児童福祉施設とは、保育園(認可外保育施設は問い合わせのこと)のほか、乳児院、助産施設、児童養護施設、児童厚生施設(児童館)などがあります。詳細は全国保育士養成協議会の受験の手引きで確認してください。

結局どういう方法が一番いいの?

このように個人によって受験資格が違ってくるので、大卒や専門卒がある方は通信講座や専門学校などに通って保育士試験を受験するというのも選択肢の一つだと言えます。けれどその保育士試験の合格率は15%で合格に自信がある方でしたら、この方法をおすすめします。

 

高卒という方や確実に資格を取りたいという方は、児童福祉施設に務めて保育士試験を受験するという選択肢もいいとは思いますが、やっぱり専門学校などに通うことをおすすめします。

 

無資格でもアルバイトやパートで勤務させてくれる保育園もあり、働きながら勉強して試験に臨むということも一つの方法ですが、保育専門学校や短大に入学した場合は原則卒業と同時に保育士資格が取得できます。

 

当然のことながら授業料もほかの方法より数段高額になりますが、これは確実な方法ではあります。

 

現在は保育士不足が社会的問題になり、その解決策として受験しやすくなっています。
たとえフリーターだとしても保育士資格を取得するのにはチャンスといえるでしょう。

保育士