医療保育士になりたい方になる方法とは

ここでは医療保育士になるための方法をご紹介しています。

 

まずは医療保育士とは、病院や医療機関などの院内で働く保育士さんをいいます。入院している子どもたちとコミュニケーションを取り、身心のケアを行うのが医療保育士のお仕事をなります。

 

>★保育士の学校を探すならコチラから★

 

医療保育士の資格を取得するには

 

必要な資格は一般的な保育士と同じく「保育士資格」になります。

 

保育士資格については国家試験を受ける、厚生労働省が認めた専門学校、大学などの卒業時に同時に取得するといった方法があります。

 

もし資格を取得するだけならば国家試験を受けるのみでもいいですが、その仕事柄保育以外にも知識が必要になる場面も多いため、関連した知識を併せて学ぶことができ実習といった形で知識を吸収することができる大学などでの取得は効率的な選択肢であると言えるでしょう。

 

保育士と医療保育士の違い

医療保育士とは医療の現場で行う保育になります。例えば園児がなんらかの病気により保育園に登園できない場合は「病児保育」や「小児病棟」に託児されることになります。医療保育士はそういった子どもの身の回りのお世話や精神的なケアが主な仕事になります。
この場合、子どもの症状は様々ですので子どもに合わせた医療の知識を、もし持ち合わせていない場合でも調べる能力が必要になってきます。また、子どもは不安や精神的に不安定になっている場合も考えられますのでメンタルケアであったりカウンセリングといったコミュニケーション能力も必要と言えます。

 

求人、応募するにはどうしたらいいの?

他の職種と同じくハローワークや求人サイトでの応募になります。ただ、現状専門的に同職種を置く医療機関は広まってはいるとは言えまだまだ多くはないと言えます。

 

ですのでこまめに求人を日頃からチェックする以外にも例えば小児科のある医療機関に自分で問い合わせをしてみるといった方法も必要になります。

 

関連した資格

就業する際に知識があることはメリットといえますが単に知識だとアピールすることが難しいこともあります。そういった場合に有効なのが資格で、自分の有用性をシンプルにアピールできます。
まずは「医療保育専門士」、こちらは保育を行う者の中でも特に専門性が高いと認定された場合に取得することができます。その取得には医療保育士としての実務の経験が1年以上、日本医療保育学会会員である、講習および論文審査が必要になります。

 

そして次に「保健児童ソーシャルワーカー」、こちらはいじめや不登校など様々な問題を抱えた子どもをサポートするための資格となり、取得には試験を受ける必要があります。

保育士