保育士の一日の仕事内容

保育士の仕事は園児が来る前から始まります。具体的な仕事としては掃除や設備のチェックなどをして受け入れ態勢を整えます。

 

園児をむかえる時も保護者と一緒にやってくる場合があるのでその時は保護者に何か変化などがないか確認します。

 

園児が登園してからの具体的な仕事は、まず出欠の確認、健康状態の確認と他の保育士と情報を共有しつつ子供たちの面倒をみていきます。預かっている間は子供たちを自由に遊ばせたり、園外に集団で散歩に行くなど子供たちを見守りつつ事故などが起きないようしっかりと見守らなければなりません。

 

子供というのはちょっと目を離しただけでも予想外の行動をとることがあるので神経を使う仕事です。

 

お昼やおやつの時間などはてあらいやうがいなど、衛生面に気をつけながら基本的な生活習慣を教えていくことも保育士の重要な仕事です。

 

午後からはお昼寝の時間などがあります、この時間も気の緩みは禁物でなざなら事故が多いのがお昼寝の時間だからです。小まめに園児の様子を見るということが大事です

 

そして、お迎えがあり気になったことがあった場合には、親御さんに直接連絡をするということがあります。最後の子供を送り出すまでが仕事で、保育士は精神力と体力のいる仕事ですが、子供の成長をマジかで見守ることができるやりがいのある仕事でもあります。

今すぐ資料請求を!

保育士になりたい!お住まいの近くから通える学校や、一番金額が安い通信講座が探せます!


★無料資料はコチラから★