高卒から保育士になるには

高卒であるあなたの場合には、2つの方法があります。

大学・短大・専門学校に進学する
学校に行かず保育士資格試験を受験し合格する

この条件の場合には実務経験が必要になります。

>★高校から保育士の学校を探すならコチラから★

高卒から大学・短大・専門学校に進学する場合

保育学科がある大学・短大・専門学校に進学するという進路を選ぶと2年また4年間学校で専門知識と実務を学びます。

 

保育士学科のある大学や短大、専門学校を卒業すると試験なしで保育士になることができます。
※「保育士」と「幼稚園教諭」の両方の資格を取れる学校もあります。

 

そのため、高校卒業から確実に保育士になりたいのであれば学費や時間はかかりますが保育士学科のある大学・短大・専門学校に進学することをおすすめします。多くの方はこの進路で資格を取っています。また、保育士学科のある夜間部や通信制の大学で保育士資格を取るということも可能です。

 

学校に行かず保育士資格試験を受験し合格する

なんらかの理由により学校にいけない場合には実務経験が必要になってきます。実務経験は乳児院や保育所、児童養護施設などの児童福祉施設で2年以上、2880時間以上を経験してそれを経て保育士試験の受験資格を得ることができます。

 

保育士試験は年に1回しかなく、科目数も多いので一回で合格するにはハードルが高く合格率も低いです。

 

施設での実務経験は保育士になった時に役立つ

実務経験は児童福祉施設で行いますが、児童福祉施設は保育所の他助産施設、乳児院、母子生活支援施設、児童厚生施設、児童養護施設、障害児入所施設、児童発達支援センター、情緒障がい児短期治療施設、児童自立支援施設、自走家庭支援センターの全11種類があります。

 

どの施設も保育士資格がないと職員として働くことはできませんが、そういった施設での経験は保育士になったのちも大変役に立ちます。働きながら保育士の試験勉強をするのはなかなか難しいですが、のちのちは子どもに寄り添った保育ができるようになります。

 

保育士は子どもと遊ぶだけが仕事ではありません。様々な経験をし、様々な知識がないといけないので受験勉強は試験科目だけでなく普段から様々なことに目を向けることも必要となってきます。


いつごろから学校探しを始めたほうがいい?

高校から保育を目指しているのであれば、まずは高行2年生の夏ぐらいから本格的に始めたほうがいいでしょう。保育の大学や専門学校は、人気です。志望校選びは早ければ早いほど良いと思います。本気で保育士になりたいと考えているのであれば、1年生や2年生のうちに学校探しを始めておくのがおすすめです。

 

出来れば1年生のうちにある程度の志望校を決めておく方が安心ですね。

 

なかなか自分の行きたい志望校が決まらない場合は、各大学や専門学校の様々な情報を入手して、比較検討しながら決めていくのがおすすめですよ。今は簡単に調べることも可能ですからね。またその学校の雰囲気を確認するためにも「オープンキャンパス」を利用しましょう。生徒の姿がまた教員の雰囲気なども確かめておくことは学校選びとしては大事なことです。直接説明が受けられたり、相談を受け付けてもらということも可能ですよ。

 

オープンキャンパスに積極的に行くことで志望校も決まってきますので、決まったらあとは受験勉強をするのみです。勉強への意欲や生活態度にもプラスに作用し、よりいっそう志望校合格へと近づくことが出来るでしょう。早めの志望校決定は、合格への近道です。

 

今すぐ資料請求を!

保育士になりたい!お住まいの近くから通える学校や、一番金額が安い通信講座が探せます!


★無料資料はコチラから★

保育士