保育士の年収《給料》ってどれくらい?

 

気になるのが保育士の年収《給料》ですよね。

 

実際、生活をしていくわけですからお金のことは重要ですよね。

 

では、保育士の平均年収といったものはどれくらいでしょうか?

 

厚生労働省調べによると平均年齢が34.8歳、勤続年数が7.6年、平均年収が310万円程度、月額の給料にして21万6千円、年間ボーナスが57万円という結果ができています。

 

厚生労働省調べによるもので全国の平均年収ということで、都道府県により多少誤差はあるものの保育士の年収《給料》というものはこれぐらいといったところでしょうか。

 

特徴としては、主に20代〜30代の方が働いているということでその他の業界よりも平均年収は低くなっていますが、世代別で見てみると男性は30代で約380万円、女性は297万円と女性の保育士さんであれば平均的といったところでしょうか。

 

しかし、保育士の初任給の平均で見てみると、16万円〜20万円と一般企業と比較すると少し低い数字となっています。正直、この収入で激務をこなしながら働くことは辛くなってくるときも出てくるのではないでしょうか。

 

公立保育園と私立保育園どっちがいいの?

公立保育園

公立の保育園で働くということは地方公務員になることです。

 

そのため、公務員の基準に沿って給料、昇給、賞与などは決まってきます。安定はしているけど昇給という面では、少しずつ上がってくるといった感じです。

 

公立の保育園で働くためには、地方自治体の採用試験を受ける必要があり、毎年は募集をしないため倍率が高いときもあります。

私立保育園

私立の保育園で働く場合は、その保育園独自の規定に沿って給料、昇給、賞与などは決まってきます。公立保育園と比べるとこれらの環境面がしっかりしていないことの方が多いかもしれません。そのためどうしても離職率が公立比較すると高い傾向にあります。

 

このように私立保育園を選ぶときは、やりがいというものもありますが保育園の給料体系を含む環境面なども考慮しながら選ぶことも長く保育士を続けて行くなら必要になってきます。


今すぐ資料請求を!

保育士になりたい!お住まいの近くから通える学校や、一番金額が安い通信講座が探せます!


★無料資料はコチラから★