プリスクールの保育士になる方法

就学前の子どもを対象に英語を使って保育を行うのがプリスクールです。英語力を生かすことができ、一般的な保育園で働く場合よりも待遇が良いことが多くため英語力のある保育士には最適な職場と言えます。

 

しかし、プリスクールで働くなら、どの程度英語が話せないといけないのか?実際の仕事内容は?と気になることも多いでしょう。こういった点を中心に、メリット・デメリットも交えて説明していきます。

 

まず気になるのが、必要な英語レベルはどの程度かということではないでしょうか。英語ができるといっても、海外旅行で困らない程度や日常の意思疎通ができるレベルからビジネスで交渉できるレベルまでさまざまです。プリスクールで保育士として働く場合は、実はそこまで高い英語力は要求されないことがほとんどです。日常英会話がスムーズにできるレベルにないと業務が難しい面もありますが、プリスクールの中には保育士の英語力は問わないとするところもあります。英語は得意ではないけれどプリスクールで働きたいという保育士は、そういったプリスクールを探すと良いでしょう。

 

それでは、プリスクールの保育士はどのような仕事を任されるでしょうか。プリスクールで英語保育を担当するのは主にネイティブ講師や日本人のバイリンガル講師になります。保育士は子どもたちの保育がスムーズに行われるように講師のサポートしたりレッスンのアシスタントをつとめたりし、保護者への対応も行います。

 

プリスクールでは日常的に英語を話しますので、毎日の業務を通して英語力をあげることができます。これは大きなメリットといえるでしょう。また一般の保育園で働く保育士に比べ、給料など待遇が良い傾向にあります。多くの保育園ではしばしば残業したり家に持ち帰って仕事したりといったことがありますが、プリスクールで保育士として働く場合、そこまで多くの仕事を抱えることはほぼないでしょう。

 

では、デメリットには何があるでしょうか。ひとつは、プリスクールによっては保育方針や外国人講師の考え方が合わないことがある点が挙げられます。あまりに納得のいかないやり方であれば、仕事をするのが辛いと感じることもあるでしょう。また高い英語スキルがない場合、ネイティブ講師と充分なコミュニケーションがはかれずに行き違いが起こり、トラブルに発展する可能性もあります。プリスクールで働くことを希望する場合は、必ずスクールの雰囲気や特徴、方針を良く調べるようにしましょう。

★大学や短大、専門学校を探すならコチラ★

★通信教育を探すならコチラ★
保育士