保育士を目指しているけど何系に進めばいい?

将来的に保育士になりたいと考えている高校生にとって理系と文系と進路を迫られることがあると思います。これは四年制、短大、専門学校のうちどの養成校に進みたいかによって異なります。保育士になるために必要な知識や技能をしっかりと身に着けたい、保育分野を幅広く学びたいと考えている場合は、四年制大学がおすすめです。そんなとにどちらに進むといいかいろいろなケースがあると思います。ぜひ参考にしてくださいね。

 

国立を目指すなら

私立大学への進学が経済的に難しい場合は、国立大学を目指すことになります。

 

国立大学を受験する場合は、受験の際に必ず数学が必要となりますので、高校でも理系に進むのがおすすめです。3年生でも授業でしっかりと数学を勉強できる環境にいるほうがいいでしょう。

 

私立の四年制大学・短大・専門学校は?

私立の四年制大学や短大を希望する場合は、数学は必要ないところが多く、また保育養成課程のある学科は文系に分類されている為、文系に進むといいでしょう。私立四年制大学や短大の推薦枠を狙うなら、内申書の内容が大切になります。文系でも理系でも、得意とするほうに進み、普段のテストで高得点を取れるように頑張りましょう。

 

専門学校では、よほどやる気が感じられないとか、高校生活に大きな問題があったといった場合を除いて、落とされることはあまりありません。文系と理系のうち得意とする方に進み、学校生活をしっかり送るようにしましょう。

 

保育士の人って文系・理系の割合はどれくらい?

四年制大学、短大、専門学校の保育士養成課程のある学科に進学した人のうち、高校の時の文系と理系の割合は、実際にはどれくらいでしょうか。これは、保育学科自体が文系ということもあり、圧倒的に文系クラスの出身者が多くをしめます。また、保育士を目指す割合は女性の方が多く、女性は文系科目を得意とする割合が高いことも関係しているでしょう。

 

さきほど、国立大学を目指す場合は理系クラスがいいと述べましたが、大学の保育学科に進学した後はそれほど理系科目を学ぶ必要はありません。理数系が苦手な人も、大学に進学するまでと思って理系クラスで頑張りましょう。

保育士